カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
丸みを帯びた中縫いのフォルム、天マチファスナーのしっとり落ち着いた風情のシンプルデザインのショルダーバッグ。
縦型A4ショルダーバッグ
31,320円(税込)
290 ポイント還元
各オプションの詳細情報
カラー
ブラックブラウンネイビーグリーン
購入数

BT-119
縦型A4ショルダーバッグ
31,320円(税込)
290 ポイント還元

丸みを帯びた中縫いのフォルム、天マチファスナーのしっとり落ち着いた風情のシンプルデザイン。A4サイズに対応したメインコンパートメントの他、背面には、パスケースや携帯電話がすぐに取り出せるオープンポケットを配しています。 スーツやジャケットのパートナーとして、大人に持ってほしいショルダーバッグです。

・素材 外装=牛革、内装=綿
・生産国 日本製
・仕様 ファスナーメインコンパートメント(内部にオープンポケット×2)、前面=ファスナーポケット×1、背面=オープンポケット×1

making01

裁断

完成するには、本体、マチ、底など全部で20ほどのパーツが必要になります。高い強度が必要な箇所(ショルダーベルトをつなぐ角カンの付いている部分・鞄の底・引手など)は、革の背中部分で繊維方向を考えながら、本体は傷が少なく、革の表情がきれいなおしりの部分など適材適所を見極めながら裁断をしていきます。

裁断

making02

漉き

鞄の強度と重さを考えて、全スキ、コバスキを入れていきます。厚さはそれぞれバラバラで、本体の強度がかかる部分は、厚さをだしつつ、身返し(ファスナーがつく部分)は、重さを減らすため薄くしていきます。コバスキは、鞄が仕上がった時にきれいなラインを出すため、また縫製の工程上必要な厚さにしたり、革をへり返したりする時に必要な工程です。

漉き

making03

縫製

Foglia製品は、鞄は#5、小物は#8と糸を使い分けています。このショルダーバッグは、ステッチが外に見えている部分は#5の糸で、ひし針という針で縫製しています。マチと本体を縫い合わせる中縫い(ステッチが外に出ない縫製)は、#20の糸で丸針を使って縫製しています。この使い分けは、鞄の強度にはとても重要なので、ミシンのパーツや糸を交換し手間ひまをかけています。そうすることで「革が縫い目から切れる」「糸がほつれる」などのトラブルを防ぎ、長く使っていただける鞄になるよう心がけています。

縫い

・カラー ブラック(BK)・ブラウン(BR)・ネイビー(NB)・グリーン(GR)
・サイズ 幅28×高さ35×マチ5.5cm
・重量 750g
・商品番号 BT-119


クロムなめしからタンニンなめしへ
コンビネーションなめし革

最初にクロムなめしを施したあと、タンニンなめしへ。手間がかかるコンビネーションなめし革。肉厚の原皮をしようしているので、芯材を入れて作られた商品とは違った革本来の厚みでしか出せないボリューム感、風合い、柔らかさ、エイジング(経年変化)が特徴です。オイルを入れる工程も複数に分けて革の芯にまでオイルを浸透させています。その為、革がよりしなやかになり、手触りもよく耐久性も増します。

ビゾンテアイテム集合


一枚ずつ表情の異なる、丁寧になめされたレザーの風合いを大切に。
フォーリアシリーズは、一つひとつに真心込めて、愛着のもてる革製品を目指しています。

※写真は撮影状況や閲覧環境により発色等が多少異なって見える場合があります。また予告なく仕様変更する場合がありますのであらかじめご了承ください。
※表記サイズはすべて概寸となっております。
※実店舗でも在庫共有しておりますので、ご注文いただきましても欠品の場合がございます。

この商品を購入する